学院案内イメージ

受 験 

指導内容

生徒作品例・受験生の声

実績紹介

 

 

指導内容


志望校に合わせた対策、AO入試合格者課題もサポート


志望校や興味のある分野に合わせて対策をスタートします。デッサンや色彩、立体、イラスト方面はキャラクターや着色、漫画コース方面は基礎画力のアップとネーム指導・背景作画、ストーリーなどの対策を主軸に進めます。
美大のAO入試や推薦は持参作品(ポートフォリオ)が必要な場合がありますので、1〜2年の作品制作期間に余裕を持って対策を始めましょう。
志望分野が決まっていない方は高校入学後すぐや進路希望調査が行われる前から
スタートしますと目標も決めやすくなります。特に国公立や難関校は早めの対策が肝心です。

国公立志望

国公立美大はセンター試験+実技試験です。3年生はセンター対策と実技試験対策のほかに授業の予習・宿題や中間・期末考査・文化祭など学校の行事、部活動なども入り、さらに多忙になります。
センター試験の時期は実技対策になかなか時間を取れない受験生がほとんどです。その上、実技の科目が多いほど練習時間が必要です。また、滑り止め対策として受験される他の大学や私立美大の推薦入試対策(秋に実施)などもありますので、やはり高校1年から(高校2年でも早いうちに)余裕を持った対策が望ましいでしょう。

原稿





国公立デザイン系工学部や建築学科志望の 受験生のみなさんへ


高校3年生からは週に数時間は実技練習の時間としてスケジュールに取り入れてみよう


・京都工芸繊維大学 工芸科学部 造形科学域デザイン・建築学過程
・京都府立大学 生命環境学部 環境デザイン
・滋賀県立大学 環境科学部 環境建築デザイン/人間文化学部 生活デザイン  
など



学科の点数も大事ですが、実技経験による点差で点を確保しやすくなります。加えて空間把握力や発想力、問題解決力なども同時に磨きます。
さらに大学に進学した後の、専門家になる上でも必要なスキルとなります。

〈国立〉京都工芸繊維大学 デザイン・建築学過程 合格 K君


京都工芸繊維大学の前期試験のために、2年生の春休みからデッサンを学び始めました。
絵のことを学んでいく上で、物の配置の仕方や色のつけ方、空想デッサンの仕方を知ることができたことは、自分のデザインをしていく人生の中で、とても良い経験になりました。
画塾で学ぶことは、絵の技術の取得だけでなく、自分の将来の夢がより明確になっていくことでもありました。試験は大変ですが、絵と向き合って楽しんでください。

 

 

私立美大

私立の美術大学では多くの大学がAO入試を8月に実施、秋に公募推薦、冬に一番最後の一般試験に進みますが、後の試験になるほど募集定員が減り、倍率が上がるため入りにくくなる傾向にありますので、私立大学が第一志望でお考えなら、募集定員の多いAO入試をまずチャレンジしてみましょう。実技試験重視の私立大学では実技対策に集中できる反面、大学に合格することが目的になりがちです。

高校2年の夏からスタートしても入試までの期間は逆算して1年になりますが、入試に合格するのが最終的な目標ではなく、その先の将来のためにです。合格したら終わり、ではなくイラストや漫画の分野を希望する学生さんには、大学入学前からプロを意識した実技指導も行っています。大学で学んで卒業したからといって必ずプロになれるわけではありません。目指した時からアナタの勉強は続きます。




 

生徒の目標に合わせてこのような勉強もしていきます(一例)

国公立対策 デッサン
私立対策 デッサン
空想デッサン対策
色彩
立体
企画・アイデア対策
漫画コース対策
キャラクターデザイン対策
ディスカッション対策
面接対策
AO入試対策
ポートフォリオ

 

 

 

生徒作品例

   

 

 

 

受験生の声

京都精華大学  マンガ学部マンガ学科  キャラクターデザインコース
AO入試合格 Nさん

私は高1の頃に入塾しました。初めはグラフィックデザイン関係の進路に就こうと思っていたのですが、途中からキャラクターデザインイラスト関係に進路変更しました。 私が希望する京都精華大学のキャラクターデザインコースに合格するにあたって沢山考えさせられた2年間でした。
そこそこイラストは描けてきていたので、最初受験に対して軽い気持ちでいましたが高2の9月に初めて大学のオープンキャンパス(以後 OC)へ行き、そこで自分の認識の甘さというのを痛感しました。今の自分の実力では合格なんて無理だと思いましたね(笑)
そこからは考えを改め、過去の合格作品を見たり、何度もOCへ行き先生からアドバイスを貰ったりして、自分に足りない力や、どういた絵や能力が求められているのかということを随分と考えました。そういった頑張りのお陰か8月のAO入試で無事合格することができました、本当に嬉しかったです!
3年間を振り返ってみると、初めの頃と比べると、絵の完成度がぜんぜん違っていて、「自分、頑張れてるな」って思います。苦になることも多いけれど、そういった成長もあるし絵が好きなのでこうして今でも描きつづけています。
指導をして下さった先生方ありがとうございました。大学でも頑張ります。

before

after

京都造形芸術大学 情報デザイン学科 情報デザインコース
公募推薦入試合格 Sさん

私は高校3年の春から学院に通い始めました。
最初は本当の本当に初心者で分からない事だらけでしたが、丁寧に一から教えて下さったので、分かりやすくありがたかったです。 また、時間を調節しやすかったので学校の行事やテスト前など、高校生活にも支障をきたすことなく過ごせました。 入試前には受ける大学の入試対策をしていただき、アドバイスを沢山頂くことができたので無事大学へ合格できたのだと思います。
最初はどんなものかも全く分からず不安もありましたが、今ではここに来て良かったと思っています。
たくさんご迷惑をお掛け致しましたが、最後まで見放さず教えてくださった先生方に感謝しています。 


before

after

 

 

 

 

 

 

実 績

〈海外〉
〈国立〉

〈公立〉




〈私立〉
University of Arts London 英ロンドン芸術大学
東京藝術大学
京都工芸繊維大学
京都市立芸術大学
京都府立大学
岡山県立大学
滋賀県立大学
岐阜女子短期大学
横浜美術大学
京都精華大学
京都造形芸術大学
大阪芸術大学
神戸芸術工科大学
宝塚大学
・・・他多数


 

体験授業予約・お問合せ →

 

三田市の画塾【聖ブリージット芸術学院】は、漫画、絵画、美大・芸大受験デッサンの指導、プロの漫画家を目指す方への指導をしています。
キミの夢も、高校卒業も全力でサポート!

聖ブリージット芸術学院
聖ブリージット芸術学院は広域通信制学校法人田原学園慶風高等学校の三田サポート校です。
TEL.079-564-8116
(受付:10:00〜22:00 金曜日を除く)