学院案内イメージ

 

聖ブリージット芸術学院での学び

聖ブリージット芸術学院は、受講者のライフスタイルにあわせた個別指導で、
主に、絵画分野・美大受験対策・プロ漫画家・イラスト志望の作品制作においてスキルアップがはかれます。
教室では小学生から幅広く社会人の方まで学ばれていますので、新しい発見や刺激があるかもしれません。
授業以外にも展覧会やアートイベントなどもあり、学院外の方の評価を得られる機会もあります。
また大きな特徴としては、商業誌デビューしたプロ漫画家講師の直接指導・作品持込サポートがあり、
OB・OGの中には連載作家として活躍中の卒業生もいます。
まだ作品を完成させたことがない方、本気でもう一度夢にチャレンジしたい方、一度学院までご相談ください。


絵画分野

実のともなった美術家を育む指導

「そもそも画家とは?」から始まり、実際のフランドルやイタリアルネサンス最盛期の技法、材料、図像学や材料学などを学びます。
美術家としての知識と応用性を、古典的なデッサンや造形から学びとるだけではなく、太古より連綿と続く美術や音楽、文学などを形成する数学や化学の応用を体験していただき、なおかつ先人たちの叡智の片鱗に触れていただきたいのです。
公募展において実績を積みたい方、個展に興味のある方、ぜひご相談ください。
日本美術家連盟会員のプロ洋画家が直接指導いたします。

 

油彩・彫塑・水彩など

 

漫画家・コミックアート分野
原稿

とにかく描いて、本気でプロ作家を目指します!
自己満足の作品ではなく、商業誌掲載の漫画制作を考えていきます。


漫画&コミックアートを担当するプロ漫画家が自身の制作経験をふまえ、キャラクターやストーリーの企画からネーム作り、漫画原稿の描き方、コミュニケーション方法などを個別指導します。
また、これまで生徒の持込に同行し漫画編集部の方向性についてアドバイスできる進路担当もアナタをサポートし、担当付→受賞→掲載を目指します。
美大に進学しない高校生や一般大学の大学生の方、美大や専門学校・漫画コース卒だけど結果が思うように出せなかった方、今働いている社会人の方、美大受験を志望する高校生の方、若い頃に描いた夢にもう一度チャレンジしたい方、どなたでもOKです。やる気があり、本気で目指したい方お待ちしています。
現在通っている学校や勤務先と並行して学べることも大きな特徴で、受講者は高校生〜40代くらいまで幅広い年齢の方が学ばれています。
編集部への持ち込みは「アナタの作品をPRする機会」です。
「自分が読んで楽しい」「自分が描いてて楽しい」からでなく、漫画は読者を楽しませるエンターテイメントですので、「他の人に見てもらいたい」「楽しんでもらいたい」という意識を持って制作していただければと思います。

▼個人の習熟度に合わせてこのような勉強をします▼
・キャラクター創作
・キャラクターデッサン
 
(いろんなアングル・ポーズ)
・ストーリー&ネーム制作
・ ペン入れ・作画
・つやベタ・シワ・影など
・ 背景パース・アングル
・デジタル作画
・持ち込みサポート
 など


>>過去の実績はこちら

過去の実績
 

 

 

受 験

志望校に合わせた対策、AO入試合格者課題もサポート

志望校や興味のある分野に合わせて対策をスタートします。デッサンや色彩、立体、イラスト方面はキャラクターや着色、漫画コース方面は基礎画力のアップとネーム指導・背景作画、ストーリーなどの対策を主軸に進めます。
美大のAO入試や推薦は持参作品(ポートフォリオ)が必要な場合がありますので、1〜2年の作品制作期間に余裕を持って対策を始めましょう。
志望分野が決まっていない方は高校入学後すぐや進路希望調査が行われる前から
スタートしますと目標も決めやすくなります。特に国公立や難関校は早めの対策が肝心です。

国公立志望

国公立美大はセンター試験+実技試験です。3年生はセンター対策と実技試験対策のほかに授業の予習・宿題や中間・期末考査・文化祭など学校の行事、部活動なども入り、さらに多忙になります。
センター試験の時期は実技対策になかなか時間を取れない受験生がほとんどです。その上、実技の科目が多いほど練習時間が必要です。また、滑り止め対策として受験される他の大学や私立美大の推薦入試対策(秋に実施)などもありますので、やはり高校1年から(高校2年でも早いうちに)余裕を持った対策が望ましいでしょう。

原稿

国公立デザイン系工学部や建築学科志望の 受験生のみなさんへ

高校3年生からは週に数時間は実技練習の時間としてスケジュールに取り入れてみよう


・京都工芸繊維大学 工芸科学部 造形科学域デザイン・建築学過程
・京都府立大学 生命環境学部 環境デザイン
・滋賀県立大学 環境科学部 環境建築デザイン/人間文化学部 生活デザイン  
など



学科の点数も大事ですが、実技経験による点差で点を確保しやすくなります。加えて空間把握力や発想力、問題解決力なども同時に磨きます。
さらに大学に進学した後の、専門家になる上でも必要なスキルとなります。

〈国立〉京都工芸繊維大学 デザイン・建築学過程 合格 K君


京都工芸繊維大学の前期試験のために、2年生の春休みからデッサンを学び始めました。
絵のことを学んでいく上で、物の配置の仕方や色のつけ方、空想デッサンの仕方を知ることができたことは、自分のデザインをしていく人生の中で、とても良い経験になりました。
画塾で学ぶことは、絵の技術の取得だけでなく、自分の将来の夢がより明確になっていくことでもありました。試験は大変ですが、絵と向き合って楽しんでください。
 

私立美大

私立の美術大学では多くの大学がAO入試を8月に実施、秋に公募推薦、冬に一番最後の一般試験に進みますが、後の試験になるほど募集定員が減り、倍率が上がるため入りにくくなる傾向にありますので、私立大学が第一志望でお考えなら、募集定員の多いAO入試をまずチャレンジしてみましょう。実技試験重視の私立大学では実技対策に集中できる反面、大学に合格することが目的になりがちです。

高校2年の夏からスタートしても入試までの期間は逆算して1年になりますが、入試に合格するのが最終的な目標ではなく、その先の将来のためにです。合格したら終わり、ではなくイラストや漫画の分野を希望する学生さんには、大学入学前からプロを意識した実技指導も行っています。大学で学んで卒業したからといって必ずプロになれるわけではありません。目指した時からアナタの勉強は続きます。

  >>過去の実績はこちら





「いつからスタートするのが望ましいか?」
個人の習熟度にもよりますが「将来的に」とお考えなら思い立ったその時、早いほうが将来の選択肢も広がります。

技術力は作品数やそれに費やした時間の積み重ねでもありますので、
実技試験が必要な美大受験だけでなく、イラストや漫画のプロを将来的に目指したいという方も
将来的にこうしたい!という方は、早めの一歩を聖ブリージット芸術学院で踏んでみませんか。


授業風景

 

 

講師紹介

 

 

お子さま向けのイラスト教室
ジュニアイラストスクール

お子さま向けのイラスト教室を毎月2回、開講しています。
テーマやねらいに沿った授業で主にキャラクターやイラストを制作していきます。
漫画やイラストが描くのが好きだという小学生のキミ!ぜひ一度体験に来てみませんか?

〈授業日〉第1・第3日曜日 13:00〜15:00 (月謝5,000円)


 

教室案内

聖ブリージット芸術学院 外観写真


聖ブリージット芸術学院
TEL.079-564-8116
(受付10:00〜22:00 休講日の金曜を除きます)

〒669-1535 兵庫県三田市南が丘1丁目38-4 西山ビル2F(三田市立図書館斜向かい)〈地図
休講日/金曜日

学院所在地

 

 

サイトマップ

三田市の画塾【聖ブリージット芸術学院】は、漫画、絵画、美大・芸大受験デッサンの指導、プロの漫画家を目指す方への指導をしています。
キミの夢も、高校卒業も全力でサポート!
聖ブリージット芸術学院
聖ブリージット芸術学院は広域通信制学校法人田原学園慶風高等学校の三田サポート校です。
TEL.079-564-8116
(受付:10:00〜22:00 金曜日を除く)